レキソタンは酒で効き目が強くなる

レキソタンの効果

レキソタン

レキソタンは、うつ病やパニック障害、自律神経失調症などに処方される薬です。気分をリラックスさせ、不安や緊張を和らげます。寝つきをよくする効果もあるので、不眠症にも用いられます。

 

脳のリラックス系の神経を活性化させることで、抗不安作用がえられます。また、鎮静・催眠作用があり興奮状態やイライラをしずめます。筋肉の緊張をほぐす効果もあります。


レキソタンの副作用

レキソタン

レキソタンの副作用としては、ふらつきや眠気、脱力感などがあります。ボーッとしたり、昼間でも眠気がでるので車を運転するときや危険な作業を行うときの服用は注意が必要です。

 

また、頭が重い感じがする、頭痛などの副作用もあります。レキソタンの長期服用で効き目が悪くなることもあります。

 

レキソタン薬を使わず鬱病を克服する方法はこちら


レキソタンの離脱症状

レキソタン

レキソタンは、急に薬を飲むのを止めてしまうと離脱症状がでることがあります。強い不安感や不眠、けいれん、イライラなどの症状です。自己判断で薬の服用を中止するのはやめましょう。

 

レキソタンを断薬したり、減薬する場合は、医師の指示に従い量を減らすようにしましょう。また、長期間、多量のレキソタンを服用し続けると、依存症になり薬をやめにくくなります。

 

トップページに戻る・薬の一覧 ⇒ うつ病 薬の種類と副作用


【関連サイトの紹介】
試験や受験に記憶術で暗記科目の対策をしましょう。


体力系アルバイト